ウォーターサーバーの構造や機能

ウォーターサーバーの構造や機能

ウォーターサーバーの構造や機能

ウォーターサーバーは、本体部分とボトル部分とに分かれています。ボトル部分に水を入れる、あるいはボトル自体を水の入ったものに取り替えることで、本体部分から自由に水を出して使うことができるのです。本体部分には、ボトル内の水を一定の温度で保つ機能がついています。冷たい水にしたり、温かい水にしたりすることができるのです。冷たい水と温かい水を両方同時に保つことができるタイプのウォーターサーバーも多くあります。また大きさは、大型のものから比較的小ぶりなものまで様々あります。

 

一般的には床に設置するタイプのものが多いのですが、卓上に設置できるコンパクトなものもあります。床設置タイプは、幅や奥行きが30センチほどで高さが1メートル前後です。卓上タイプは、幅や奥行きは床設置タイプとほぼ同じですが、高さはその半分である50センチ前後となっています。どちらも、その上に高さ30センチほどのボトルを乗せて使用します。ボトル部分の水がなくなれば、業者に連絡することで補充に来てもらえます。ペットボトルのミネラルウォーターなどを購入に行く手間がかからず、いつでも新鮮でおいしい水が使えるので、ウォーターサーバーの需要はとても高いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ